おすすめカジノベラジョンカジノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「KONAMI」が最新のゲーミングマシンを発表

宮崎県では、カジノ解禁に向けた法案の提出が国会であったことを受けて、県内の経済・観光団体が集まって「統合型リゾート(IR)研究会」を設立し、カジノリゾートの実現が目前といった感じですが、

家庭用ゲーム機のソフトでお馴染みの「KONAMI」は、1997年からゲーミングのライセンスを徐々に獲得し、ビデオスロットマシーンの開発・提供を早くから行ってきました。

また「KONAMI」だけでなく「ユニバーサル・エンターテイメント」もフィリピン「マニラ」のカジノリゾートの開発に加わっており、日本でカジノが合法化され日本のアミューズメント企業が進出してくると「北斗の拳」のようなビデオスロットができるかもしれませんね。



Konami Gaming, Inc.は、ラスベガスで開かれたGlobal Gaming Expo(グローバルゲーミングエキスポ)、通称G2E(ジーツーイー) 2013に、最新のラインアップを出展しました。
ゲーミング業界で最大級の規模を誇る展示会G2Eに、今年は世界中から455社が出展、1万4000人を超える業界関係者が訪れました。

Konami Gaming, Inc.は、新しいテーマの筐体やプレミアム商品を含む多彩なラインナップを出展しました。
人気のビデオスロット筐体、「Podium®(ポーディアム)」からは今回、最新作の 「Podium Monument™(ポーディアムモニュメント)」を初出展。
22インチのタッチパネルと、ゲームにシンクロするライトで装飾された32インチの大型スクリーンを備えています。
3D表現に対応した次世代プラットフォーム「KP3®(ケーピースリー)」のコンテンツに対応していて、Quick Strike Quad™(クイックストライククアッド)をはじめとする新しいコンテンツが、筐体に合わせてリリースされる予定です。

更に、今回のG2Eではマルチステーション大型機「Titan 360™(タイタン・スリー・シックスティー)」を初披露。
その迫力ある筐体や煌びやかなライティングが、大きな注目を集めました。

また、「Rapid Revolver(ラピッド リボルバー)」も初めて出展。
垂直に積み上げられた6つのリールが勢い良く回転する演出に、来場者からは、期待の声を頂きました。

「コナミカジノマネジメントシステム」を進化させた「SYNKROS™(シンクロス)」。
ゾーンごとに区切った複数のトーナメントを、同期させて運営することを可能にする「True-Time Tournament™(トゥルータイムトーナメント)」など多様な機能が、高い評価を頂きました。

KONAMIは今後も、お客様の多様なニーズに応えるゲーミング商品をお届けし、世界中の皆様に新しい遊びをお届けしていきます。
(コナミニュースチャンネル)
関連記事

コメント

コメントの投稿

秘密
日本語対応優良カジノ
19093_spc_jpn_125x125_001.gif
JP-JPC 1600-Banner125x125
The Finer Reels of Life



3D球体タグクラウド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。